女声合唱団エオリアン

歌は呼吸が大切!

今日は西野先生のヴォイストレーニング&練習。

はじめに行う先生のストレッチで、先日入団したばかりのMちゃんがすごく身体がやわらかーいことを発見。そういえば、この私とて、いまから20年以上前はもう少しやわらかかった。あちらこちらについた人生のサビが身体をかたーくしているのかしら・・・なんて、心の中でひとりごと。

「若いって素敵!」ね。

西野先生のストレッチは、息の通り道や、歌うときの呼吸法のためのストレッチです。柔らかく身体をほぐしながら、自分の身体と息の関係を考えながら、声をだす練習を毎回するのですが、長く歌ってきてついてしまった自分の癖は、すんなりと治せず、四苦八苦しています。

手をつけたり、イメージをしたりしながら、力をぬいての発声を、早く「自分の発声」にしたいなあと思う日々です。

 

今日は、初めに 「はな ひらく」を歌いました。先日、プログラムにいれることになった曲なので、音のあやしいメンバーもちらほら。特に、強弱の付け方をすっかり忘れているので、それに注意しながら歌いました。

 

続いては「薔薇、見知らぬ国」。9月20日に松下先生が東京からきてくださって練習しますので、それまでには、暗譜で歌えるほどになっていたいものですね。

今日は、ソプラノ、メゾ、アルトでそれぞれが丸く円になって、歌いました。

まだまだ、たくさんの課題が残るこの曲。次回10日は、アンサンブル ポルトの皆さんとの合同練習です。

 

今日は、8月6日。広島の原爆が投下された日です。朝、8時15分、テレビの前で黙祷して、エオリアンに向かいました。

広島市長の平和宣言を聞き、戦争のない世界への思いを一層強く思った一日になりました。

  • カテゴリー:練習
  • 投稿者:スタッフ