女声合唱団エオリアン

皆さんに「あいたくて」・・・

 雨の多いこの季節ですが、公園に咲く花々は元気いっぱいです。

 6月25日は、西宮市民会館でのエオリアンの練習でした。

 11月23日(水・祝)に開催する第11回女声合唱団エオリアン演奏会のテーマが「あいたくて」に決まりました。いたみホールで、たくさんの皆様にお会いできることを楽しみに、日々練習を重ねてまいりたいと思います。

 残りの練習が27回。・・・で、歌う曲数が20数曲・・・ピッチをあげて、集中してがんばらないとえらいことです!!

 

 この日の練習は、ピアノの田中先生、SLSの西崎先生も来てくださいました。

カナダの現代合唱曲から

・The Dawn is not Distant   (by Christine Donkin)

・Da Pacem   (by Jeff Enns)

・Joy  (by  Kathleen Allan)

そして、今回の演奏会テーマになった

・あいたくて(松下耕作曲 工藤直子作詩)

を、練習して、時間が来てしましました。

 

 そのほかにも新しく決まった曲もあります。

洲脇先生いわく「アカペラばっかりじゃあみんなも大変やろから、ピアノ伴奏の曲も増やそうか・・・」。思いやりのお言葉とは裏腹に、結構第3ステージ「ア・ラ・カルト」のステージの曲はなかなか苦労しそうな予感です。笑

 

 「大きな声や頑張る声はいらん。軽くて小さくてもいいので、みんなのピッチをそろえること。みんながしんどいと、聴いている方はもっとしんどいんや。」・・・

(^O^)/がんばらないようにがんばります!?

 

 練習後、京都バッハ合唱団のIさんが、情宣にきてくださいました。

「J.S.バッハ ヨハネ受難曲 BWV245」

7月18日(月・祝)神戸栄光教会で、15時開演 一般2,500(当日3,000)円 学生2,000(当日2.500)円。楽しみですね!

 

 昼食後、洲脇先生は、本日26日にいたみホールで開催される「クレセント ハーモニー演奏会」の練習に行かれました。今日は、エオリアンから大勢で聞きに伺います。

お天気にも恵まれ、ご盛会を心からお祈りいたしております。

  • カテゴリー:練習
  • 投稿者:スタッフ