女声合唱団エオリアン

練習後、先生のお誕生日をお祝いしました

6月4日の練習は、西宮市民会館大会議室。兵庫県合唱祭に向けて、衣装を着て、できないところを繰り返し繰り返し練習しました。

残りは前日の6月10日の練習のみとなり、気持ちは合唱祭一筋です。洲脇先生が11月末に倒れられて以来、ずっと、私たちが前を向いて合唱できたのは、西野先生のひとかたならぬ深い想いのつまったご指導があったからです。それに、歌で応えたい私たちですが、そこは、不器用なエオリアンの面々・・・。必死の練習あるのみです。

その様子を、今、洲脇先生は、じっと見守ってくださっています。二人の先生の温かな愛情あふれるご指導に、兵庫県合唱祭では、いままでで一番良い状態で歌いたいものですね!

さて、6月3日は、洲脇先生のお誕生日でした。今年で84歳になられました。ささやかですが、4日の練習の終わりに、みんなで「Happy Birthday To You」の唄を歌ってお祝いしました。なんだか、アルト側からは男声パートのような声も・・・先生苦笑いでしたが、これもご愛嬌!来年こそは、見事なハーモニーで、この歌でお祝いしたいと思います。(だって、洲脇先生編曲の楽譜ですから!笑)

 

プレゼントは、京都のINOBUNで、用意してきてくれた、人にも環境にも優しいエンバランスのピッチャー。(え?一体それはどんな効果なの?という方は、HPをご覧ください  『エンバランス』

お部屋の中で、ついつい水分補給を忘れがちな季節、このピッチャーにお水を入れて、お元気にお過ごしいただきたいという気持ちで選びました。しかも、超軽くて、片手で開閉できるのですよ。笑

IMG_4816.jpg

 

練習後、午後から、洲脇先生は、伊丹アイフォニックホールで開催された、ザ・キングズ・シンガーズの演奏会へ。先生は、初代キングズシンガーズのコンサートをニューヨークにいらっしゃった頃、教会でお聞きになったそうです。きっと、演奏会後のパーティーではそんなお話に花が咲いたのではないでしょうか?

また、合唱祭が終わったころ、洲脇先生からのそんな貴重なお話が伺えるのが、ほんとに楽しみです。

 

洲脇先生、いつまでも、お元気でいてくださいね!

  • カテゴリー:練習
  • 投稿者:スタッフ