女声合唱団エオリアン

音楽で「情景」や「怒り」を伝えるために

6月28日。西宮市民会館での練習でした。

 

練習のはじめは、全日本おかあさんコーラス全国大会をめざしての練習。

松下耕作曲 みなづきみのり作詞「うたおり」の中から歌う「戦場」をもう一度練習しなおしています。

前半部分の「戦場」の情景を描くのに、フォルテや勢いで表現するのをやめて、きちんと器楽的に八分音符を感じながら歌うことになり、先生の刻むリズムに合わせて歌詞をはめることから始まりました。そして、歌う。音を確認しながら、ハーモニーするところ、音が一つになるところ・・・などなど、丁寧に歌う。大きな声でなくてもいいので音楽を作ることで、この戦場の場面の「情景」を表現しようと何度も練習しました。

音を確かめながら歌うと、できていないところがたくさん見つかります。そしてまたそこを練習する・・・新しい「戦場」の曲を作り上げていきます。

 

先日、朝日新聞の「声」の欄に、東京の中学生の記事が掲載されました。

「僕は戦場で人を殺せません」という15歳の「声」と、今うたっているこの曲が重なって、胸が痛くなりました。

今のこの不安な時だからこそ、「Harmony for Peace」を、これからも築いていきたいと思います。

 

後半はクリスマスコンサートのメサイアの練習。まだまだ・・・と思っていても、この調子では冬もすぐやってきそうです。

7月18日の練習は、前半パート練習。メサイアの残りの曲を英語歌詞付けまでします。

 

練習終了後、同志社グリークラブOBシンガーズ(DOBS)の方が、9月14日(日)いずみホールで開催される第2回演奏会の情宣にいらっしゃいました。2011年3月にエオリアンもご一緒させていただいた第1回演奏会。今回は、単独で4ステージ演奏されるそうです。楽しみですね!

座席指定S席3000円、当日座席交換A席2000円だそうです。詳しくは、DOBSのHPまたはFacebookをご覧ください。

 

さて、次の7月4日の練習に、練習写真を写します。全国大会のオープニングに使用しますので、気合いれてきてください!

 

 

 

  • カテゴリー:練習
  • 投稿者:スタッフ